CBR250Rと→

バイクの楽しさが、少しでも伝わればいいなぁ、と思いつつ。

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜景撮影、デジイチ編

夜のCBR

次の動画は車載ツーリング動画というより、CBRと一緒に色々な風景を撮り、ビデオクリップ風にしたいなぁ、と目論んでおりまして、その中で夜のシーンを静止画でいくつか欲しい部分があるので、デジイチを持って夜の撮影を練習しに行きました。
詳しい友人がいるというのが大きいですが、最近の一眼レフはなんというか、よく分からなくても感覚でISO感度やらシャッター速度やらを弄れば、ある程度カタチになった写真が撮れてしまうところにすごさを感じますねぇ。
頭の中に思い描いた風景を写真にする作業を、休日を使って進めているのですが、まだ2枚しか使える画が撮れておりませぬw
なんとか天候や条件に恵まれて、思い通りの画を集めていければ…という感じです。

また、さすがにWindowsムービーメーカーでの動画作成にも限界を感じ始めたので、【送料無料】COREL VideoStudio Pro X6 通常版を導入予定です。
なぜ「予定」なのかというと、最近PCの調子が怪しくなってきてましてブルスクが頻繁に出るので「5年目だしあちこち修理してるし、そろそろ買い替えも検討しないとなぁ」という考えが湧きあがっているので、タイミング的に色々と微妙なところなのですw
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「CBR250Rと吾妻連峰、磐梯山・後編」


磐梯吾妻レークラインと磐梯山ゴールドラインを走ったのですが、実は磐梯吾妻スカイラインを降りた時点で既に15時近くになっていて、正直「ちょっとヤバいかな。猪苗代湖に着くころには夕方かな」という気持ちがありました。
何せ全てが初見の場所なので、距離感も時間のかかり方も全く分からず「とにかくここまで来たらやってやろう。23時59分59秒までに家に着けば日帰りっしょ」と自分に言い聞かせながらレークラインへ入りましたw
そのレークライン。3ラインの中でも奥まったところにあり、グランデコリゾートの入り口付近まで行くんですね。
グランデコリゾートは西大嶺、西吾妻山の中腹にあり、その稜線の反対側は山形県になるといえば、どれだけ奥まった場所かお分かりいただけるかと…w
なので、本当にクマが出てきそうなほどの半端じゃない山奥感がひしひしと伝わってきましたが、レークライン自体は意外に短く、途中休憩を入れてゆっくり走っても数十分で抜けてしまいました。印象的だったのは、最初に視界に飛び込んできた秋元湖ですね。あの山奥感は、そうそう感じられるものではなかったですw

そして磐梯山ゴールドラインに入った時には16時。日もかげり始めていました。
さすがに少しだけ焦る気持ちがあったのか、ゴールドラインを上り始めて少し行ったところ、正面に「裏磐梯状態」の磐梯山が見えた場所には道路左に駐車場があったにも関わらず、素通りしてしまったという反省があります。
あの小磐梯崩壊跡は本当に生々しくて、岩盤がごっそりえぐれている様子はガチで一見の価値ありです。
あとは草原になったアルツ磐梯スキー場のゲレンデのど真ん中を、堂々と走れたのも面白かったですねw

結局、家に着いたのは21時頃でしたかね。
さすがに500kmの距離を走ると疲れましたが、朝あと1時間程度早く出られた事を考えると、高速道路を使いつつ、比較的余裕を持って日帰りツーリングをする場合、500kmという走行距離を一つの基準にしてもいいかもしれないとは思いました。
あ、ちなみに、動画の終盤に出てきた喜多方ラーメンは道の駅ばんだいの食堂で食べました。
ロングツーリングで疲れた身体に、塩気と油がとてもよく染み渡りましたw


さてさて、磐梯吾妻スカイラインの印象が強烈だった事で、動画編集に非常に苦労した後編ですw
前編をupした直後からちょこちょこ作り始めてはいたのですが、結局upまでに半月以上を費やしてしまいました。
撮った映像素材を見ながら、動画での使いどころに目星を付けていくのですが、その一つ一つがどうしても浄土平に比べて印象薄に感じてしまうんですよねw
いや、決してレークラインやゴールドラインがつまらないという事ではなく、どちらもツーリングを心底楽しめる素晴らしい所でした。ただ、スカイラインの印象が強烈すぎるだけの話でしてw
なので、自分自身がある程度冷静になるまで待ってから作り始めたと言うのが、実際のところです。
それでも後になって見ると、ちょっと間延びしてる部分があったりして、個人的にはいまいちな動画になってしまた感があります。視聴して下さる方をどれだけ引きつけられるか、というのは常に考えているつもりですが、まだまだ動画作りにムラがあるなぁ、と感じた1本でもありました。


以下、追記にてコメ返しします。
全部にレスするのは難しいので、申し訳ないのですが気になるコメをピックアップする形で進行しようと思います。
新しく気になるコメをいただいた際はその都度追記する予定です→

≫ Read More

| ニコ動 | 22:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。